家族葬が選ばれている理由|最後の家族団らん

故人に安らぎを。

利用に当たって

家族が亡くなった際などに行う必要がある祭式、それが葬式です。家族や親族はもちろんのこと、故人と生前に交流の合った方々が最後のお別れを行なう祭式です。故人に残された遺族の義務としてある祭式と言う事もできるでしょう。

詳細を!

予算を迎える

葬儀はいろいろなプランがありおまかせな感じで行ってしまうとかなり費用がかかる可能性があります。 出せる予算はそれぞれの家庭で違うので、出来るだけ抑えたい場合や小規模で行いたい場合などにあっている葬儀プランもあります。

詳細を!

身近な人達で見送る

香典袋

小規模な葬儀だから費用も安いです。家族葬を行なうならこちらで知識を得ると良いですよ。おすすめの優良業者も分かります。

大切なお別れの時間をサポートします。宮前区での葬儀はこちらへ依頼するのがおすすめです。近親者のみで行なう家族葬の相談もすることができますよ。

費用を抑えた葬儀とは

人生でお葬式を出すという経験はそう何度もあることではないためあまり知られてはいませんが、葬儀には高額な費用がかかります。地域によって差がありますが、平均しても130〜150万円程度は見ておいたほうがよいでしょう。こうした葬儀費用は、棺や祭壇など項目のランクによって変動する部分ご、料理や返礼品など人数によって左右される費用があります。葬儀に来ていただく方々を限定することで葬儀費用を抑えることが可能というわけです。 参列者を限定した葬儀の代表例としては家族葬があります。家族のみ、あるいは近親者のみで執り行う葬儀のことで、家族のみでゆっくりと見送ることが出来るため、故人との最後の時間を大切にしたいという人に人気があります。近年ではニーズの高まりを受けて、家族葬専用の葬儀プランを格安プランとして用意するところも増えています。追加費用が発生することもありますが、基本的な価格では10万円台で行うことができるものも少なくはありません。

家族葬の特徴について

近年では葬儀に費用をかけたくない、費用を抑えたいという遺族が増えていることも、家族葬を選ぶ遺族が増えた要因ではありますが、家族葬には様々なメリットがあります。家族葬は文字通り家族や故人のきょうだいなど近親者のみで執り行う葬儀のことです。一般葬のように大勢の参列者への挨拶対応などがない分、遺族の精神的・肉体的負担を軽減することができるのも大きなメリットです。誰に気兼ねすることもなく、気の知れた方のみでこころゆく形でゆっくりと故人をしのぶ時間をとることができます。 一方で、参列をお断りする方々への配慮も必要です。葬儀の日時が決まった段階で、訃報と家族葬のため参列を遠慮いただく文書を用意するのが一般的です。中には、葬儀がすべて終了した段階でその旨を知らせるはがきを発送する遺族もあります。

最近の傾向

葬儀は冠婚葬祭の中でもかなり費用がかかる部類にあるといわれている。特に地方などでは寺院や大きな会場を使用して、通夜、葬儀をかなり大体的に行う傾向が今まではあった。

詳しく!