家族葬が選ばれている理由|最後の家族団らん

最近の傾向

最近の葬儀方法の傾向について

数珠

従来の葬儀の相場は金額的には200万円から300万円以上かける葬儀も少なくはなかったものである。 それが最近の傾向としては、かなり簡素的な葬儀が行われる傾向にある。金額的には100万円で行われる葬儀も少なくない。特に都会では簡素化されている傾向にあるようである。では、なぜ葬儀が簡素化される傾向にあるのだろうか。 その大きな理由としては少子高齢化が原因とする、親戚の減少などから、経済的な理由まで様々である。経済的な部分から中には通夜を行わずに簡素的な葬儀のみを行う場合もある。

今後も簡素化される傾向が強い

特に最近多いといわれているのが、それほど経済的に苦しいわけではないが、葬儀にかけるくらいなら、残った財産をそのまま遺族にわけたいと考えている人が多いからといわれている。 それだけ、葬儀に対する価値観が大きく変化している証拠ともいえる。もちろん大事なイベントではあるが、それ以上に残された人の将来の方を重要視しているからであるからだと思われる。 葬式だけでなく、墓地自体を簡素化する傾向にある。中には海洋葬など散骨を行うのみの人もいて、墓地自体は持たないという人もいるようである。 おそらく今後も簡素化される傾向は強くなるのは間違いないであろう。少子高齢化や核家族化が続く限り、こうした流れは続いていくだろう。